未分類

ぶどう園のようす(2016)

投稿日:

今日は、十市小学校の三年生、約50名が、畑にぶどうの勉強に来てくれました。3年生の総合学習で地域の産業をお勉強するそうです。

ぶどうを作っていてよかったと思うときはどんなときですか?
どんな作業が一番大事ですか?など子供ならではの質問に、お父さんが、

ぶどうを収穫するとき、またお客さんが「おいしかった」と言ってくれたときに、一番よかったと感じます。
全部の作業が大事ですが、ぶどうをよく観察して、ぶどうが今、何をほしがっているか,例えば肥料をほしがっているかなど、がわかることが、大切です。
と答えました。

こどもたちは、興味をもって話を聞いてくれました。
まさに、ぶどうを作っていてよかった、と思ったひと時でした。

 キャンベルの畑にて     28.6.27

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-未分類

Copyright© 和崎ぶどう園 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.